理念・沿革

「コトブキに関わる全ての人々の幸せのために。」

ミッション・ビジョン・バリュー

企業沿革

1932年 初代社長・松本鶴壽が三松工業所を設立し、工場設備の製缶・加工業を始める。
1948年 株式会社壽鐵工所を創立、川崎市藤崎に工場を開設する。
1961年 3月に四日市工場、6月には佐賀出張所を開設
1963年 チタニウムなど高級特殊金属の加工を開始する。
1965年 大手酒造メーカーへのステンレス発酵タンクの製作・納入が始まる。
1969年 取締役社長に松本 実就任。
1973年 食品・医薬品用サニタリー設備の納入を開始。
1974年 四日市工場が内部川の決壊、氾濫のため浸水するが、早期に復旧、生産再開。
1978年 ビールメーカーへ大型発酵タンクを製作・納入。
1981年 本社新社屋が竣工、千葉県袖ヶ浦市への工場の移設も決定。
1986年 MTC式ダブルカントデカンターの開発に成功し、販売を開始。
1990年 社名をコトブキテクレックス株式会社と改称。
1992年 「東京湾横断道路」の鋼製水中橋脚のチタンクラッド鋼によるライニングを手がける。
深海無人探査機「かいこう」のチタンフレームを製作、納入する。
1995年 酒税法改正に伴い、日本各地に地ビールプラント納入開始。
1998年 韓国外注先を活用し、国内外の食品、ビール会社向けに発酵タンク等を納入。
2003年 第1次中国人研修生、重慶軽工業機械廠より来日。
2004年 中国上海のコトブキテクレックス100%現地法人、上海寿技王化工装備有限公司が稼働開始。
2006年 第2次中国人研修生、上海寿技王化工装備より来日。
2007年 代表取締役会長に松本 実就任。
代表取締役社長に松本憲幸就任。
2008年 第3次中国人研修生、上海寿技王化工装備より来日。 
ミャンマー出身エンジニアの採用開始。
2009年 川崎本社機能を千葉本社工場に集約。
第4次中国人研修生、上海寿技王化工装備より来日。
第1次ミャンマー人研修生来日。
2010年 タイ、アユタヤのコトブキテクレックス100%現地法人、KOTOBUKI TECHREX (THAILAND) LTD.が稼働開始。
2011年 水害による浸水のためタイ・アユタヤ工場は生産中止するが、臨時工場で生産継続。
取締役会長、松本 実退任。
2012年 5/8よりタイ・アユタヤ工場での生産再開。
中国江蘇省海門市のコトブキテクレックス100%現地法人、
江蘇寿技王特種装備有限公司を設立。
2014年 江蘇寿技王特種装備有限公司が稼働開始。
東京中小企業投資育成㈱を引受先とする増資により、資本金が6,840万円となる。

1950年代 ゴムライニングタンク車

1950 年代 熱交換器

1950 年代 コンクリートミキサー

1960年代 鏡板製作(セグメント工法)

1970年代 ビール貯酒タンク(横型の写真です。)

1970年代 ビール発酵貯酒タンク(竪型の写真です)

1980年代 バイオリアクター

1990年代 韓国でのビール発酵タンク製作

ページのトップへ

千葉県袖ケ浦市長浦拓1-1-27

TEL : 0438-63-5371 (代表)

FAX : 0438-62-1835

コトブキテクレックス工場外観

メールでのお問い合わせ

エミダスプロ会員企業

Copyright © KOTOBUKI TECHREX Co.,Ltd All Rights Reserved. SINCE2012